7月29日(土)中央広場そばのホールにて虫かご作り教室を開催しました

この虫かご、私の親の世代の方は懐かしさを感じるのではないでしょうか。実際、体験教室を行なっている途中にハイキングでそばを通りかかった方からは「懐かしい~!」との声を頂きました。

この虫カゴ、話によると時代劇で江戸時代の浪人侍が内職で作っているんですって。しかしこの虫カゴ、1から作り始めると二日くらい時間がかかるんですよ!!今回は、予め竹に下準備を施しておいて、組み立てからスタートしました。 

↓虫かご作り風景
P7290007.jpg


そして、虫かご完成!
そうするとやっぱり…中に虫を入れたくなりますよね
丁度良い所に虫取り網(参加者が持ってきたもの)が…そこで…

↓虫捕りに夢中になるOさん(少年のようです)
P7290013.jpg


園内の下刈りを終えて戻ってきたOさん、虫かごの中に虫を入れるべく中央広場を駆け回りました。

「オニヤンマ捕まえたよ!」
と、ニコニコ

↓捕まえたオニヤンマ
P7290011.jpg


虫かご作り教室は午後2時に終了し、みなさん満足してお帰りになりました。
今週の土曜日(8月5日)は昆虫観察会を行ないます。
まだまだ参加者募集中!みんな来てね~。

↓出来上がり~
P7290010.jpg


虫かご作りスタッフ及び下刈りをしてくださった皆様ありがとうございました
スポンサーサイト
29日(土)
   虫かご作り体験教室

30日(日)
   人数にもよりますが
   ”カタクリいっぱい大作戦②”という事で
   来年カタクリの花がたくさん見れるように草刈りします。
日記に予告がありましたが、22日(土)環境修復セミナー「自然の森づくり理論と実践講座」が県民の森で行われました

この環境修復セミナーは全部で5回あり、理論と実践の両面から自然の森づくりとは何たるかを学べます。その記念すべき1回目がここ県民の森で行われたのです。
 第1回目のテーマは「生物社会の段階構造と自然環境のとらえ方」。
立正大学の須田知樹先生を講師に迎えて講演が行われました。
私たちの子供、孫、ひ孫、、、の為に豊かな森林を残していくためには、まず自然というものがどうやって成り立っているのかを知った上でその場所に合った対策を立てることが必要ですよね。今回は自然環境の保全と修復の方法を考えるにあたり必要な考え方の基礎を学びました。

↓セミナー風景
理論講座


理論の後は思い切り体を動かそう!
森づくりに必要な作業を体験すべく、展示林で下草刈りを行いました。
展示林は季節によって様々な花や紅葉を楽しめるエリアになっていますが、
ぐんぐん成長した草や蔓が展示林にもともと生えていた木を覆ってしまい、木が弱ってしまっているのです…。
 この日は展示林に自生しているモミジやコナラなどの子供(実生)を残しながら、草を刈っていきました。

↓下刈り風景
実践講座

人の背丈以上の高さがあります!
この数ヶ月の草の成長スピードには目を見張るものがあります。他にも、クマザサなどが生えていました。

草で見えなくなっていたものが見えるようになって時間もきて作業終了!…ではなく、作業をした後は使った道具(大鎌)のお手入れをしました。
森林施業に詳しい方による、“鎌の研ぎ方プチ講習会”も開かれました。
鎌の切れ味は本当に作業効率反映します。よく研げている鎌はサクサク切れるし疲れない!ですから研ぐことは本当に大事な作業なのです。
 皆さん、上手に研げましたか?

この後閉会式を経て怪我人も出ず今回のセミナーは無事終了しました。

次回は8月26日・27日(土・日)に秩父市の中津川にある「ふれあいの森」という場所で第2回セミナーが開かれます。講演テーマは「森林群落の生物社会構造」、実践は「原生の森トレッキング」です(楽しそう~)。
参加者募集中です!お問い合わせは埼玉森林サポータークラブまでお願いします。

そしてそのまた次(第3回)は…もう一度県民の森で行われます!日にちは10月14日(土)、除伐をする予定です。林業に関心がある方、樹を伐るときの感触を味わってみたい方、この機会に是非いかがでしょうか。なかなか出来ない体験だと思います。多くの方のご参加をお待ちしています。



2006.07.20 追加しました
お隣の野外活動センターの
ホームページを
リンクに追加しました。


とてもいいところですよ。
見てみて下さいね。
22日(土)
 埼玉森林サポータークラブの『自然の森づくり理論と実践講座』があります

 森林を次世代に望ましいかたちでのこし伝えるためには正しく自然の成り立ちかたをとらえ、適切な対策を立てることが望まれます。そこで、自然環境の保全と復元手法検討のために必要な基礎理論を学びます。

講 師  須田知樹 立正大学地球環境科学部講師
内 容  理論:『生物社会の段階構造と自然環境のとらえ方』
      実践:自生種展示林 下刈り
集 合  ①借上バス 大宮ソニックシティー西側道路 6:45集合
              川越駅西口足利銀行前発 7:15集合
      ②自家用車 県民の森学習室 10:00集合
経 費  2,000円(テキスト代、保険料)
 
 詳しくは埼玉森林サポータークラブまでお問合せ下さい


23日(日)
 下刈り を行います(またです)
 場所はたくさんありすぎて迷っています

 参加ご希望の方は9時までに
 作業のできる服装で県民の森事務所にお越し下さい

毎日暑いですね。
梅雨って明けたんですか?

嫁入り前の娘
毎日首にタオル巻いて過ごしてるんですけど
それって なんか問題ありますよねぇ・・・

県民の森は標高が少しはあるので
下界より もうちょっとはが期待できると思うのですが・・・

皆さん。
これからの季節は
水分補給はしっかりしてくださいね。
お水でもお茶でも
冷たくても温かくても何でもいいのです。
その時 身体が欲しているものを
補給してあげて下さい。

毎年ながらこれからの時期
無駄に水分を補給し(時に泡付のお水だったりしてますけど)
無駄に汗をかいている気もしますが
暑い日に
クーラーに頼らず 風鈴の音に耳を傾けて
だらだらと汗をかいたり
県民の森で
自然の風に吹かれてボッーとしながら
せみの声に聞き入るのも
”にっぽんの夏”という感じで
なかなかおつなものですよ。
(・・・誰か共感してくれるかしら・・・?)



今週末の作業もお天気しだいですが・・・
梅雨・・・早く明けないですかねぇ・・・

今週も草刈と伸び過ぎた樹木の伐採・剪定です。

雨が降って
暑くなって
よく成長しています。

水辺の広場やディキャンプ場も
ずいぶんきれいになってきたので
残りの整理を済ませたら
今度は展望広場や
展示林の整理をしたいと思っています。

こんな風にしたらとか
こうすればいいんじゃないとか
皆さんのご意見もお聞かせ下さい。

集合は9時。
暑いので飲み物は忘れずに。
ウツボグサ
ウツボグサ     記念植樹地にて


P7080064.jpg
クリ      中央広場にて




ノリウツギ
ノリウツギ      展示林にて


P7080062.jpg
テリハノイバラ    展示林にて
園内中に咲き誇っています
ヤマアジサイ
ヤマアジサイ     子供広場にて


シモツケ
シモツケ      子供広場にて



P7020381.jpg
ウツギ      展示林にて


展示林では足元にいくつも咲いています
オカトラオノ
オカトラノ      展示林にて

モミジイチゴとクマイチゴの実が真っ盛りです

2006.07.06 今週末の活動
今週末も
やはり草刈です。

あと先週展示林で作業した際に
危険な枯木を見つけたので
撤去したいと思います。

作業はお天気しだいですが・・・

雨もどうにかもったので
草刈しました。
今日は展示林の散策道。
空気が湿気って重~い中で
どうにか通りやすい道にしました。
・・・でもまだまだ残ってます・・・ふっ~・・・
展示林散策道2
↑サポータークラブのK氏。
道がもう消えそうです。
この日は大汗をかいて水辺の広場の下で埋もれていた散策道も探し出してくれました。
ありがとうございます

展示林散策道1
道が見えました!