デイキャンプ場の進入路に間伐材を有効利用した木柵を設置しました。

IMG_5013.jpg

(H21-No.26)
スポンサーサイト
昨年から整備されている「ウェルカムストリート」ですが、ほぼ完成に近づいています。
まもなく開通です。もう少しお待ちください。

IMG_5148.jpg

ウェルカムストリート整備の一環で管理事務所周辺に点字ブロックが設置されました。
IMG_5129.jpg


(H21-No.25)
秋になったのでキク科の花が多くなりました。

akinokirin.jpg
アキノキリンソウ(キク科)でしょうか。黄色の花が目立ちます。展示林内で見られます。

yuugagiku.jpg
これはユウガギク(キク科)でしょうか。園内のいろいろかところで見られますが、場所によって(写真は展示林内)はこのようにまとまって咲いています。

花の名前違っていたらゴメンナサイ。

それから26日(土)に、県民の森美しく育て隊の「野火止山の会」の方々(6人)にボランティアで県民の森の草刈りをしていただきました。
わざわざ遠くから来ていただきありがとうございました。

(H21-No.24)
2009.09.25 イノシシが…
IMG_5063.jpg
家族広場の写真です。
わざわざ耕しているわけではありません。
イノシシにより掘り返された後です。
中央広場は周りを柵で囲っていますのでこんなにひどくありませんが、
囲っていないとこんな状況です。

(H21-No.23)
noharaazami.jpg
アザミですが、これは園内各所(遊歩道沿い)にたくさん咲いています。

sarashinasyouma.jpg
サラシナショウマです。以前炭窯があったところの近くの管理道沿いで見ることができます。
急な斜面から生えているので横向きになっています。写真の向きは合っています。(念のため)

torikabuto.jpg
ヤマトリカブトです。サラシナショウマに近いところにあります。
おもしろい形をしていますよね。これは花弁(花びら)ではなく、「がく片」が変化したものだそうです。
(日本の野草「秋」p177小学館より)

turifune.jpg
ツリフネソウです。県民の森入り口からトンネルまでの間の管理道沿いで見ることができます。
これもおもしろい形をしていますよね。

waremokou.jpg
ワレモコウです。漢字では「吾木香」や「吾亦紅」と書きます。たくさんの花が集まって穂の形になっています。暗赤紫色の花かと思いますが、これは4枚の「がく片」であって「花弁(花びら)」ではないとのことです。
(日本の野草「秋」p163小学館より)

yakushisou.jpg
ヤクシソウです。デイキャンプ場で見ることができました。

gennosyouko.jpg
ゲンノショウコです。中央広場にたくさん咲いています。小さい花ですが一所懸命咲いています。
白い花ですが、図鑑(日本の野草「秋」P149小学館)によると東日本では白色が多く。西日本では紅紫色が多いそうです。

(H21-No.22)
久しぶりの更新です。どうもすみません。
園内の花々も秋の花に移りつつあります。

キバナアキギリ
キバナアキギリ(黄花秋桐-シソ科):トンネル過ぎて東側の広葉樹の森内(旧炭窯の上)で撮影

サラシナショウマ
サラシナショウマ(晒菜升麻-キンポウゲ科)):トンネル過ぎて東側の広葉樹の森内(旧炭窯の上)で撮影

シロヨメナ
シロヨメナ(白嫁菜-キク科)):トンネル過ぎて東側の広葉樹の森内(旧炭窯の上)で撮影

ツリガネニンジン
ツリガネニンジン(釣り鐘人参-キキョウ科):管理事務所の脇で撮影

ヒヨドリバナ
ヒヨドリバナ(鵯花-キク科)):トンネル過ぎて東側の広葉樹の森内(旧炭窯の上)で撮影

マルハハギ
ハギ(萩-マメ科):トンネルの上の遊歩道脇で撮影

ヤマトリカブト
ヤマトリカブト(山鳥兜-キンポウゲ科):旧炭窯近くの管理道(舗装道路)沿いで撮影

(H21-No.21)