11月5日(日)サポーターのHさんのお友達であるそば打ち名人(5名)の指導の下、地元横瀬町産のそば粉を使って、新そばの手打ち体験と試食会を開催しました。

開会の挨拶の後、まずは自分達が試食会で使用する「そば猪口」を、竹を切って作りました。

↓そば猪口作りの様子。「器も自分達で作るなんて本格的だ!」と参加された皆さん楽しそうに竹を切っていました。
そばちょこ作り2


そばちょこ作り1


↓薬味入れもお手製です
薬味入れ


そば打ちをするのが始めての人のテーブル3ヶ所と、そば打ちの経験がある人のテーブル1ヶ所とで分かれ、名人の説明の後、そば打ち開始です。
説明


こね鉢を使ってそばをこねて…
そばこね1

そばこね2


そば粉が生地(というのが適当か分かりませんが…)になったら、のばし棒でのばします。
のばし1

のばし2


この間に名人達はそばの薬味を用意していました。
薬味


形が整ったら切り揃えて麺にします。
切り1

切り2


ガスコンロの火力が小さかったため、お鍋のお湯が沸騰するまでの時間が長く掛ってしまい、参加者の皆さんに試食をして頂くまでお腹を空かせる思いをさせてしまいましたが、皆さん自分達の打ったそばをその場で食べる事が出来、また、名人の打ったそばも試食し、皆さん大満足でした。
試食



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://forestpark.blog61.fc2.com/tb.php/124-124861fb